オリックス銀行カードローンの申し込み条件

オリックス銀行カードローンにも、ほかのカードローン同様、申し込み条件というものが設定されています。メリットの多いことで知られるオリックス銀行カードローンですが、この申し込み条件をクリアしていないと申し込み自体ができないので、注意が必要です。
ただ、申し込み条件をクリアして申し込むことができたとしても、その後、融資をして大丈夫であるかという独自の審査が行われるので、これに通らなければ融資を受けることができないことはきちんと頭に入れておいてください。
オリックス銀行カードローンの申し込み条件としては、まず、年収の問題があります。
申し込む人の前年度の給与収入が200万円以上あることが条件とされているのです。これは、税込みの価額となります。自営業者などの場合は、申告所得金額が200万円以上ということになります。
また、申し込む人の年齢についても、条件が設けられています。申し込み時の年齢が満20歳以上、65歳未満でなければならないのです。未成年者と高齢者の申し込みは受け付けてもらえないということです。
さらには、日本に在住であることも条件となっています。加えて、保証会社であるオリックス・クレジット株式会社の保証が受けられるという条件に同意できる人でなければなりません。
これらのことをすべてクリアできていれば、オリックス銀行カードローンの申し込みができることになります。一つでもクリアできていない条件があれば、申し込むことができないので注意してください。

オリックス銀行カードローンでの融資は、インターネット上からのほか電話でも申し込みができますが、今いちばん申し込みの多いのがパソコンからのようです。
インターネットを通じて申し込めば、審査スピードが速くなるといわれていますが、それでも、申し込む前には本人確認書類を準備したりしなければならず、思い立っただけで申し込むというのは少し無理があります。
また、申し込むときの手順も押さえておかないと、余計に手間のかかることをしてしまったりすることもあります。
インターネットからの申し込み方法は、基本的な部分では、オリックス銀行カードローンも他社のカードローンもそれほどの差はありません。
まず、申し込みサイトのフォームへ必要事項を入力して送信すると、アドレス確認用のURLがついた受付メールが配信されます。
これにアクセスして受信確認後、ローン審査結果がメールで送られてくるるという手順です。また、受信確認を行うと、同時に契約手続き完了のメールも送られてきます。
次に、本人の意思確認と申し込み内容の確認がされたら、勤務先などへの在籍確認がされて、ローンカードの発行となります。ローンカードは自宅へと郵送されることになります。
これに併行して、必要書類の提出も求められます。登録したアドレスあてに必要書類のアップロード用URLが送られてくるので、必要書類をアップロードします。
必要書類の確認と最終審査が終わると、ローンカードが到着後にカードでの利用ができるようになるのです。利用できる限度額内では何度でも利用することができます。

オリックス銀行カードローンは、比較的最近に開始されたカードローンであり、審査についての評価も、まだ全面的な評価を受けるまでには至っていないようです。
それでも、以前から展開されていた同じオリックスグループのオリックスVIPカードローンやオリックスVIPカードレスという信販系のカードローンを見る限り、銀行系のカードローンであるオリックス銀行カードローンもまた、審査基準が下げてあるというようなことはいわれています。
もちろん、年率3.0%~17.8%という業界トップクラスの低金利や最大で800万円までの貸付け限度額という魅力的なカードローンは、ほかには見られないものです。しかし、貸付けを行えるかどうかという審査基準については、また別の話になるわけです。
ただ、オリックス銀行カードローンの場合は、銀行ローンといってもこれまでのものと違って個人を貸付けの対象としていて、審査基準に細かなことを追求していくといったことはなされていないようです。
その証拠として、申し込み時の年齢も満20歳以上、満65歳以下で、前年度の給与収入が200万円以上というように、かなり幅を持たせていることで分かります。
審査基準は各銀行によって異なっているので、ほかで断られたからといってオリックス銀行カードローンを諦める必要はないでしょう。
それに、銀行ローンは、総量規制の対象外ともなっているので、もともと幅広い申し込みを受け入れています。それに、この銀行系カードローンの場合、新規の利用者を得たいとして新しく創設されたということもいえるのです。

オリックス銀行カードローンの申し込みは、インターネットからできるため、24時間いつでも受け付けられます。
申し込みは24時間可能ですが、申し込んでから成約に至るまでには約2日~3日の日数がかかります。この日数というのは、審査に必要な日数ということになります。
オリックス銀行カードローンを申し込むと、オリックス銀行とオリックス・クレジット株式会社という保証会社による審査を受けなければならないのです。
銀行系カードローンの場合、慎重な審査が行われ、通常はもう少し日数がかかりますが、オリックス銀行カードローンでは、かなり短い審査日数で成約できるのです。
これは、オリックス銀行カードローンが利用者側に立ち、利用者の利便性を追求したものでであるということができるでしょう。
また、オリックス銀行カードローンの申し込みから成約までは、電話やインターネットを通じてでき、店舗へと来店する必要がないことから非対面で取引でき、気軽に全国至るところで利用が可能です。
ローンの申し込みについては、金融機関のスタッフと対面で取り引きするのが苦手という人も多く、その辺りのことに配慮したサービスということができます。
そして、オリックス銀行カードの場合は、審査のために必要な書類もインターネットで送付することができ、合わせて希望する借入れが100万円以下であれば、収入証明書は原則不要となるなど、利用者に手間のかかる部分は省いていくという姿勢も見えます。
このように、手続きを簡略化していくことでも、より利用者を増やしているようです。

オリックス銀行カードローンで融資の申し込みをすると、二通りの方法で融資を受けることができます。一つ目の方法は、指定口座への振込みです。もう一つは、提携しているATMからの自分で引き出すという方法です。
指定口座への振り込みを依頼する場合は、パソコンや携帯電話、または電話を使って振り込み融資の手続きをすることになります。
指定口座というのは、登録口座もしくは振り込み専用口座ということになり、両方を登録しておくと、振込み融資を申し込む際に、その都度、受取り先をどちらにするか選ぶことができるようになります。
また、パソコンや携帯電話から、お客さま専用サイトの「メンバーズナビ」というところへログインしたのちに振込み融資の手続きをすると、自分の指定口座に振り込んでもらうことができます。
電話で振込み融資を依頼するときも、電話で申し込んだのちに自分の指定口座への振込みができます。
ただし、融資当日の利用者の取引状況によっては、振込み融資が受けられないこともあるので注意が必要です。
返済の入金が遅れている場合などは、利用できなくなるため、確認してから利用するようにしましょう。
また、指定の振込み口座については、利用者本人の名義の預金口座に限ることになっているので、くれぐれもほかの人名義の口座にしないようにしましょう。
オリックス銀行カードローンを利用する際、ほかに注意しなければならないのは、振込みの時間がある点です。
振込み時間については、回線の状況や金融機関によって差があるので、注意が必要なのです。
月末や月初めだと、回線の混雑によって遅れてしまうことがあり、受け付ける日時によっては、翌日に振り込まれることもあるとのことです。

オリックス銀行カードローンでは、返済方法を二つのうちから選ぶことができます。
一つ目の方法は、約定返済という方法で、最初に契約を結んだときに、決めた毎月の返済日に返済していくというものです。
約定返済には口座引き落しと振込み返済の二つの手段を用いることができます。
口座引き落しは、自分の指定する口座から引き落とす方法で、事前に口座登録しておくことが必要になります。口座引き落しができない金融機関もあるので、オリックス銀行のホームページなどで確認するようにしてください。
振込み返済は、自分で振込みをして返済する方法です。こちらは、提携ATMなどからローンカードを用いて入金することで返済とすることができます。こちらも事前に返済専用の口座をつくり、その口座へ入金することになります。
約定返済だと、借入れ残高に応じた返済額が決定される日時が定められています。その日時は、返済日の二週間前の日であり、その日の午前3時に決定されるとのことです。
この返済金額や返済専用口座などは、お客さま専用サイトにある「メンバーズナビ」で確認することができます。
返済方法の二つ目は、随時返済という方法です。
これは、約定返済以外の日にも利用者の都合で随時返済できるというものです。随時返済については、とくに連絡は必要ありません。
口座引き落しを利用している人は、約定返済日に一括して引き落とすことも、増額して引き落とすこともできます。増額の申し込みは、「メンバーズナビ」で行うことになります。
随時返済は、提携ATMからの振込みによっても可能です。このときも、ローンカードを使って入金手続きをするだけで済みます。

オリックス銀行カードローンは、その名前が示すように銀行系のカードローンです。
クレジットカードのキャッシング枠や貸金業者のカードローンを対象とした収入に対しての借入れ総額制限のことを総量規制と呼んでいますが、銀行系のカードローンは、この対象から外されています。
また、オリックス銀行が運営するローンは、オリックス銀行カードローン以外もすべて総量規制の対象外となります。
総量規制の内容は、借入れの申し込み者の年収の三分の一までしか貸付けができないというものであるため、この対象外ということは、年収の三分の一を超える金額についても貸付けが可能であるということです。
ただし、利用者が借入れの申し込みをする際には審査が行われるので、希望する金額がそのまま借り入れられるとは限りません。
それでも、オリックス銀行カードローンには低金利と借入れ限度額が高額という魅力的なサービス内容があるため、これを利用したいという人は多いのです。
オリックス銀行ローンカードは、確かに業界屈指の金利の低さを実現していますが、もし貸出しの限度額が100万円以下など低額の場合は、あまりその恩恵を受けられないという事実もあります。つまりは、大きな金額でのローンを考えている場合などに有効なものといえるのです。
しかも、オリックス銀行カードローン自体が総量規制の対象外となっているため、銀行側でも、高額な借入れを歓迎しているわけです。
そして、それがいちばんぴったり当てはまるのが、おまとめローンなのです。オリックス銀行カードローンでは、このおまとめローンについては、専用のサービスを用意しているほどなのです。

オリックス銀行カードローンは、無店舗でサービスを提供しているカードローンです。パソコンや携帯電話からサイトを通じて申し込むことができるため、ネット銀行といういわれ方もされます。
オリックス銀行カードローンについては、無店舗で運営することで、余計な経費がかからないため、そのぶんをサービス内容に反映させてあります。
また、インターネットを通じて利用できるので、24時間いつでも利用できることも利用者には嬉しい限りです。
通常ならば、店舗の営業時間なども気にしなければならないのですが、どこにいても携帯電話を持っていれば利用できるのも、好評を得ているのです。
オリックス銀行カードローンは、ネット銀行であることから、審査においてのスピーディさも実現しています。しかも手続きが簡単です。
さらに、オリックス銀行のサイト内には、お客さま専用サイトの「メンバーズナビ」というものが用意されていて、ローンを上手に利用できるよう便宜が図られています。これほど手軽さや利用者のメリットを追求したカードローンは、ほかにあまり例を見ないかもしれません。
ただ、手軽に借入れができるということは、借り過ぎを生む可能性があるということは考えておかなければなりません。
あとの返済まで考えずに借入ればかりを増やしてしまうと、そのうちに金銭感覚を麻痺させてしまうことになってしまいます。カードローンを利用しようとするときは、しっかりと目的を持って、返済計画もきちんと立ててから利用するようにしなければなりません。

オリックス銀行カードローンは、それまでの金利を打ち破る低金利のカードローンとして登場しました。
ほとんどの金融機関で貸出しの最低金利を4.0%としていたなかで、3.0%というどの金融機関も出せなかった最低年率を打ち出したのです。その話題性もあり、オリックス銀行カードローンの人気は高まりました。
ただし、最近では、短期での借入れでは無利息といったキャンペーンを展開している消費者金融などもあるため、やはりローン選びは慎重に行うに越したことはありません。
消費者金融などでは無利息期間などを設けて、新規の顧客獲得のキャンペーンを展開しているところもあります。もし1カ月以内など短期間で返済する予定があるならば、新規で消費者金融に申し込んだほうが得策といえるかもしれないのです。ただし、必ず返済できるという確証を持っていることが必要となるでしょう。
オリックス銀行は消費者金融ではないため、商品のなかで無利息期間というものを設定していません。とはいえ、最低3.0%という低金利はほかには見られないものであり、商品の魅力としては十分です。
消費者金融の無利息が短期借入れに限定されるのと同じように、オリックス銀行カードローンの最低金利3.0%が利用できる場合も、借入れの際に条件が限定されます。
すなわち、借入れ金額800万円という最高額の利用の場合に限られるのです。多額の借入れをする場合は、低金利が利用できるということになっているわけです。
もし、短期での返済が難しくて消費者金融の無利息キャンペーンなどが利用できない場合、オリックス銀行カードローンの最低金利3.0%が利用できる条件が揃っているならば、こちらを利用するほうが得策ともいえるのです。
いずれにせよ、カードローンを利用する際は、どれが自分のケースにいちばん適するかを慎重に考えて決めることが大切になるわけです。

オリックス銀行カードローンでは、最短で即日審査が可能な場合があり、これも利用者には好評を得ています。
ただし、決められた条件が揃っていなければならないのは、最低金利を利用する場合などと同じです。
オリックス銀行カードローンで即日審査が可能な場合は、借入れ残高が30万円以内という条件がついている場合と考えていいでしょう。
また、前年度の収入が200万円を超えていなければならないという条件もついてくるため、アルバイトやパートとして働いている人は利用できない可能性もあるので、注意しなければなりません。
加えて、インターネット上での融資の申し込みが必要といった条件もついてきます。さらに、この後も審査から本人確認の書類提出、融資の認可などまで、すべてインターネット上で手続きする必要も出てきます。
すなわち、さまざまな条件をクリアしていて、当日審査が可能になるということです。
忙しいときでも簡単に申し込みができるのはたいへん重宝とはいえますが、利用したいときには、本人確認の書類などはあらかじめ事前に準備しておく必要もあります。
審査と融資の関係については、審査が通ればすぐにでも融資してもらえるというのが一般的な流れです。
ただし、オリック銀行カードローンの場合、即日審査が可能なときもあるとはなっていますが、いろいろな条件つきなので、即日融資についてはさらに難しくなってきます。
審査のスピードについては、一般には、消費者金融、信販会社、銀行の順に速いといわれています。
もし、どうしても急いで確実に融資を受けたいというのであれば、異なった系列の金融機関を数社選んで併行して申し込みをするというのも一つの方法かもしれません。

オリックス銀行カードローンは、驚異の銀行系カードローンといわれています。その理由は、銀行系のカードローンのなかでも好条件ぞろいであるためです。
銀行系カードローンの利用限度額は500万円という価額を設定しているところが多いなか、オリックス銀行カードローンの利用限度最高額は800万円です。このときの金利は3.0%で、これが金利の下限になります。
ほかにも好条件は、さまざまな方面で見られます。
100万円以下の借入れならば、収入証明が不要であることから、手軽にだれでも借り入れることができるというのも、大きなメリットといえます。
さらに、事業性の資金を除けば使い道は自由となっていることから、ちょっとした行事や旅行、レジャーなどから大きな融資に至るまで、さまざまなケースに対応しているところも見逃せません。
それにわざわざ店舗に出向いたり、担保や保証人を用意する必要もないので、たいへん借りやすいローンということができます。
ただし、借りやすいということの裏側のことも考えなければなりません。
つまり、借入れ額100万円以下ならばだれでも手軽に借りられますが、このときの適用される金利は12.0%~17.8%となっており、銀行にしてはかなり高い利率となっています。この上限金利については、消費者金融とほとんど変わりないのです。
このように、オリックス銀行カードローンを利用する際は、デメリットについてもよく考えておくことが、よりメリットを活かして賢く利用できるコツといえるかもしれません。